本日 41 人 - 昨日 62 人 - 累計 98212 人
サイトマップ

新企画

2014年01月26日
新年のご挨拶にも書きましたが、4月以降の新企画として、資源持ち寄り型アンサンブル(仮・名称募集中)というのを考えています。

フォーカルジストニアをはじめとする不調で、
・周りからは同情してもらえることはあっても、理解してもらえていると言うにはほど遠い。練習不足と勘違
 いされたり、逆に気を遣われすぎたりで演奏仲間/先生との関係が悪化している
・自分の理想と実際の演奏水準が違いすぎる
・所属していた演奏団体を退団・休団し、ひとりで先の見えない練習をするのが辛い・・・

そんな悩みを持つ人たちが集まって音楽を楽しむ場を作れないか、という思いがこの企画のきっかけです。

フォーカルジストニアの場合特に顕著なのですが、不調をきたすのは特定の音域、音型、アーティキュレーションなどに限られていることが多いです。
たとえば低い音が出ない、タンギングができない(早いパッセージが吹けない)、特定の運指が上手く動かない(音階の上行または下行、トリルなど)、スラーができない、という具合です。

もちろん、演奏の大切な要素が一つでも欠けてしまえば高水準の演奏ができないことは事実ですが、だからといって音楽を楽しむことができないかと言えばそれは違います。
できないことに集中するのではなく、できることを存分に発揮する場を作りたい、そしてみんなのできることを合わせてみたらどうなるだろう?というのが資源持ち寄り型アンサンブル(仮・名称募集中)のコンセプトです。

そして私が企画する以上、もちろん飲み会も重要であることは言うまでもありません(笑)

この企画については、営利一切なしのお楽しみ企画です。アイデアがある方、一緒にやってみたいという方、メッセージ・コメントお待ちしております。

新年のご挨拶

2014年01月03日
あけましておめでとうございます。

昨年は3年半のトレーニングを修了してアレクサンダー教師として活動を始めるという大きな変化の年になりました。
これまでの決して平坦ではなかった日々で、多くの幸運な出会いに恵まれて私を支えてくださったすべての皆様をはじめ、レッスンを受けてくださった方、ブログを読んでいただいている皆様に感謝致します。

今年2014年は、活動拠点を日本へ移すというさらに大きく変化する年になります。
10年間に及んだドイツでの生活を離れ、日本でまたスタートをすることに若干の不安はあるものの、それ以上にわくわくしています。

従来通りの個人・グループレッスンはもとより、各種テーマでのワークショップ、ジストニア患者団体との連携、アレクサンダー教師間の情報交換・連携などやりたいことは山ほどあります!

また、演奏の不調によって、演奏の現場から離れてしまっている演奏家が集まって、再び音楽を楽しめるような場を作れないかな、というアイデアも温めていますので、ご期待ください!
皆さんからの提案、意見などもどんどんお寄せください。
(アイデアの元を与えてくださったSさん、ありがとうございます!)

今年も皆様にとってよい年になりますように、そしてどこかでお会いできることを楽しみにしています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

佐藤拓