本日 25 人 - 昨日 52 人 - 累計 99875 人
サイトマップ

Motor Control研究会に参加してきました

9月1日から3日まで開催された第10回Motor Control研究会に参加してきました。

生理学・生物学・工学・医学・リハビリ・スポーツ科学など様々な分野の若手研究者が集まって研究成果を発表し、議論する場です。

私自身は研究者ではありませんが、(私の活動に興味を持っていただいている方は既にご存知だと思いますが)トロンボーン奏者としてはジストニア当事者の立場で、アレクサンダー・テクニーク教師としては指導者の立場で、ジストニアをはじめとした演奏を妨げる事柄と常に関わる仕事をしています。
 
もっとジストニアの事を知りたい一心で学会や研究会に参加していくうちに、第一線で研究をしている人たちと知り合い、最近は研究のお手伝いをすることも増えてきて、「演奏」と「医療や研究」という従来はとても遠い関係にあったふたつの現場を繋いでいくことが、私の役目なのではないかと強く意識するようになってきました。

今具体的にしていることは、医科学的な研究のための実験方法への助言や参加者を探すこと、研究の成果を学んで音楽教育や演奏の現場に「返して」いく活動を進めていくことです。

やっていて驚くことに、どちらの現場でも、それぞれの分野では「あたりまえ」のことも、まったく未知のことだったりするのです。
今後は、音楽医科学という分野を通して、演奏と医療・研究の現場の「あたりまえ」が共有されていくことを期待しています。

そんなわけで、私のトンチンカンな質問や思い付きのアイデアを辛抱強く聞いて、丁寧に答えてくださったMotor Control研究会ご参加の研究者の皆さま、ありがとうございました!「フォーカル・ジストニア(特にアンブシュア・ジストニア)」「アレクサンダー・テクニーク」に関心のある研究者の方、ぜひご連絡をお待ちしております!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):